建設業は、重層多重構造の業種です。

元請があって、下請けがあって、そのまた下請けがある
ということは周知のことと存じます。

建設現場

それが、経営上の見通しの甘さから倒産になったら
どうなるでしょう。

建設業許可を持っている会社さんは請負金額500万円以上の
工事を請けることが可能ですので、もし経営危機ともなれば
多くの取引先や多数の関係者が被害を被ることになります。

そのために、決算内容を行政に知らせる目的があります。

その他、従業員の増減や前期の工事実績などを報告させる
という目的もあります。

いま現に建設業許可を持っている会社さんの場合、許可の更新
をする際に、決算変更届を毎年欠かしていないかについても、
必須となっています。