建設業許可を取ろうと、専門家である行政書士に
問い合わせてから、無事に許可が取れるまでに
最低でも何回会う必要があるのか。

書類の数々

小さな専門工事業者さんは社長さん自ら施工の
現場で働かれているわけです。

なるべく少ない回数で済ませたいですよね。
この点は、行政書士の腕の見せどころです。

【1回目】
初めて社長さんが行政書士が会う。

【2回目】
必要書類などを行政書士に渡すために会う。

【3回目】
申請が済ませたら行政庁から交付される受付票や
預けた書類などを行政書士から受け取る。

行政書士サイドから言うと、1回目は”顔合わせ”的
な面が強いです。

2回目になると、必要書類や代表者印の押印などを
いただくことになります。

3回目は、社長さんによっては郵送をご希望されること
が少なくありませんので、省略することもあります。

よって、標準で3回が平均回数ですが、書類を小出しに
行政書士にお渡しされる社長さんの場合、どうしても
お会いする回数は多くなってしまいます。