建設業許可を申請するためには、9万円の申請手数料がかかります。
その他いろんな官公庁書類を取り付けないといけないので、総額は
10万円くらいかかっているのではないでしょうか。

それなのに不許可になったら、どう思いますか。

申請窓口の係官

許可を出す行政は恨みを買われること必至です。
そこで、現実はどうなっているのかをお伝えします。

あくまでも私が知る範囲では、申請を受け付けてもらったら
ほぼ100%許可がおります。不許可になった経験はありません。

9万円の申請手数料は県の証紙(切手のようなもの)を買うことによって
納めるのですが、多くの書類をチェックし終えた行政窓口の係員さんが
「では申請を受理しますので、売店で証紙を買ってきてください」
と言われてはじめて買うことになります。

というわけなので、申請した結果、不許可だった・・・ということは
ほとんど起きません。

ただし、書類を偽造したり、偽装(必要な経験年数が実際は不足していたり
資格者証や決算書を細工する等)したりすると、この限りではありませんが。