しばしばお問い合わせがあるのは、何期(年)も事業をされている
リフォーム業者さんからの許可業種についてのご相談。

建築一式という業種を取得されていたが失効。再度取得し直したい、
というリフォーム業者の社長さんがご相談に来られました。

内装仕上工事

一般的なリフォーム、例えば内装仕上げや壁張り工事、床仕上げ工事などは
「内装仕上工事」という業種です。

附帯工事として外壁塗装や給湯設備工事などもあるかと思いますが、
メインが内装仕上げならば、「内装仕上工事」でじゅうぶんです。

ところが、ご相談された社長さんは内装仕上工事ではなく建築一式で、とのこと。

建築一式工事とは、注文者さんから直接お仕事を請けて専門工事を下請けに出す
ことを指し、ハウスメーカーや総合建設業の会社さんが多いです。

件の社長さんには、なかなかお分かりいただけなかったです・・・。