請負金額500万円以上の工事を請け負うことが可能ーー。

建設業許可を取得するメリットはズバリこの1点にあります。

売上アップ

言い換えれば、同500万円未満の工事のみをやる会社さんには、
建設業許可を取るメリットがないともいえそうです。

多くの建設業許可取得のお手伝いをさせていただいた感想は、
「建設業許可があれば売上高がドカンとあがる」
とは、必ずしも言い切れない面があります。

では、なぜ多くの建設業者さんは許可を取得しようとするのか。
・建設業許可業者という信用を得るため
・元請から「許可を取れ」と強く勧められるため
・公共工事の入札に参加するため

・・・以上の3点が大きいと言われます。

500万円以上の工事を請け負うことができるといっても、
特に下請中心の専門工事業者はマンパワーの面で限りがあり、
売上高の大幅アップが建設業許可のみではあまり寄与しない
のも事実としてあることは確かです。